【香美市土佐山田町】龍河洞駐車場付近を散策 【その②】

龍河洞駐車場付近を散策その②

その場所から漂うグッドな雰囲気満載

なかなかの雰囲気が漂う龍河洞の駐車場を散策する。
メインである鍾乳洞もかなり魅力的です。自然が創り出した芸術に人間は勝てるはずもありません。

ですが、その一方で人間にしか作れないグッドな建築グッドな物件が世の中には数多(あまた)あります。

 

数多ある物件それが「はら」です。

 

『 はら』とだけ書かれいる建物

◾️はら①f:id:in5wjs6:20200830162803j:image

グッドですよね!いやーかっこいい建物です。
この位置からのショットは複雑な建造物に見えますね。


色合い、配色もグッド。 

 

◾️はら②
f:id:in5wjs6:20200830162814j:image
おそらく、『〇〇〇〇はら』だと思うのですが...
文字が落ちて(消えて)います。

なにはらなのか。

少し想像(妄想)してみます。

ドライブイン・はら』『スペース・はら』『イートイン・はら』『お食事処・はら』

うーん。考えてもわかりませんw


あと、手前のW.Cもグッドです!

 

 

◾️はら③
f:id:in5wjs6:20200830162757j:imageはら

独特のフォントですね。

「はら」を枠で囲んでいますが、『〇〇〇〇はら』まで全部枠で囲まれていたのでしょうか...過去に行って当時のお姿を生でぜひ見てみたいものです!

 

 

◾️はら④
f:id:in5wjs6:20200830162808j:image
少し引きで。

撮影が下手なため、『はら』に後光が差しています。
改めて引きで見るとやはりかっこいいグッド物件ですね。

天候にも恵まれています。

 

◾️はら⑤

f:id:in5wjs6:20200905204109j:image別の角度から。 

 


◾️はら⑥

f:id:in5wjs6:20200905204147j:imageちょい引きで。


龍河洞の駐車場を散策してみればグッド物件『はら』に出会う。 


最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。


⬇︎こちらも合わせてどうぞ。 

www.rojokansatu.site  

 

www.rojokansatu.site

 




▼龍河洞ホームページ

ryugadou.or.jp


▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 

 

【香美市土佐山田町】龍河洞駐車場付近を散策

土佐山田は龍河洞を歩く

龍河洞。


龍河洞は鍾乳洞です。高知といえば龍河洞。

 

鍾乳洞の一番最初の記憶はたしか保育園の頃。

 

遠足かなんかで鍾乳洞に行ったものです。あまり覚えていませんが、鍾乳洞の中は怖かったです。道中のバスの匂いも覚えています。

 

さて今回は龍河洞。
駐車場付近。

 

◾️ビル①f:id:in5wjs6:20200820213005j:image

駐車場から主役の龍河洞までかなりの距離がありますが、駐車場にもグッド物件が並んでいます。カラーコーンの赤が目を惹きます。

熱血硬派くにおくんに出てきそうな美ル(ビル)です。かっこいいです!

 


◾️看板①
f:id:in5wjs6:20200820212956j:image注意を促す看板。
長年の劣化によって文字が褪せてかすれています。

 


◾️謎ドア
f:id:in5wjs6:20200820213000j:imageRPG風のドア。看板①のすぐ隣。

角材が打ち付けられていては入れませんが、開けると洞窟になっていて奥へと進んでいくと武器屋か宿屋がありそう。宿屋だったらうれしい。たまにダンジョンの中に宿屋があることがありますよね。このエリア周辺でレベル上げしつつ、資金を貯めつつ、ヒャダルコベギラマを覚えていたらこころ強い。

 

 

◾️看板②
f:id:in5wjs6:20200820212950j:image龍河洞はまさに観光地で、今でも人気のスポットですが、やはり当時と比べると、だんだんと廃れていきます。「日本観光百景 第三位」「南国の秘境」と謳われています。

鍾乳洞に通じる道ではさまざまなお土産屋さんが軒を連ねていますが、シャッターが閉まっていたり、今となってはかつてほどの繁栄は見られません。昔はきっと栄えていたんだろうなぁなんて想像を膨らませたり。


それもまた路上観察においては楽しみ一つでもありますよね。

ちなみに、土佐山田は刃物で有名です。


最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。



▼龍河洞ホームページ

ryugadou.or.jp


▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 



【高知市井口町】きよむら理容店

井口町を歩く。

 

路上観察において大事なことは感性や共感を共有すること。

同じ景色を同じように見て、またそれぞれに違う視点を持っているということ。感性や感覚の共有は人を尊重し、その人自身を大事にすることだと僕は思っています。

 

この日は学会員と僕の2人で井口町を散策する。
可笑しみのある趣き。シュールな物件や風景にしばしばニヤニヤする。

 

ニヤニヤは感性の共有作業です。

 

面白い『フォント』を見つけてはクスクス、ニヤニヤw
私は変態なのでこの感じがたまらなく好きです!

 

◾️きよむら①

f:id:in5wjs6:20200814213646j:image

ピンクのストライプが目を惹きますね。

かわいい装テン(装飾テント)です!

 

◾️きよむら②
f:id:in5wjs6:20200814213650j:image

さらに装テンにフォーカス♪

ストライプのピンクは色褪せてきています。装テン左上にはチョキちゃん。

 

かつては鮮やかなピンクいろいろだったのでしょうか。。色褪せてとてもいい色ですね。

 

◾️きよむら③
f:id:in5wjs6:20200814213658j:image

近づいて撮影。入り口ドアにお店の名前が。

『理容』『きよむら』のフォントがそれぞれいい具合にカサブタイポになっています!

 

うーん、、美しい...!

カサブタイポは何年もの時間をかけて作られるものです。

このデザインは人間には作ることができません。素晴らしい作品です。

 

 

井口町を歩けば、グッド理容店『きよむら』に出会いました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします!


▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 

 

 

【高知市本町】理容 HANSHIN

【理容 HANSHIN】

 

本町はクレジットカード会社NCBに隣接する、古き良き街の理容店。

その名もHANSHIN。

 

本町をじっくりと歩いてみると味わい深い、グッド物件がいくつか存在する。
路上観察学会として活動しておりますので、細かな道を歩いてさながら不審者の如く、日々高知の町を観察します。

 

そして出会ったグッド物件。


◾️HANSHIN①

f:id:in5wjs6:20200812000914j:image

少し引きで。

いいですね。建物は引きで撮るのが最高にいいんです。奥に見えるNCBのフォントもグッド!

 

◾️HANSHIN②
f:id:in5wjs6:20200812000900j:image

縦に書かれた『理容 阪神

このお店のご主人、かなりオブジェクトに拘っていますね。
使っているフォントもなかなか。

 

◾️HANSHSIN③

f:id:in5wjs6:20200812000918j:image

クシとハサミで『HANSHIN』の文字をサンドしています。
この遊び心が大事。そして大好きでっす!

 

◾️HANSHIN④
f:id:in5wjs6:20200812000906j:image

窓には大きなハサミ。
『営業中』の文字。そして刃の部分には『オリジナルカット&パーマ』
どんな風に仕上げてくださるのか...

 

◾️HANSHIN⑤
f:id:in5wjs6:20200812000925j:image
さらに引き。

 

一戸建ての自宅兼理容室だろうか。
店舗と住居が一体化して見えます。

うーむ...素晴らしい物件ですな!

 

本町を歩けば理容HANSHINに出会う。

 

オリジナルカット&パーマでぜひ髪を仕上げてもらいたい。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。


▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 





【高知市上町】美ルディング

【ビルディング】


世界には“美しいビル”が星の数ほど存在します。いわゆる“ビルディング”ですね。ビルディングは地球上に数多(あまた)あります。

 

コンパクトシティ高知にも当然、ビルディングがいくつか存在しています。私たち路上観察学会はビルディングのその佇まいの美しさから『美ルディング』と呼んでいます。

 

しかも、ディープタウンかつホットプレイスである上町にも美しいビル『美ルディング』が存在します。

 

上町を歩けば美ルディング。

 

◾️美ルディング

f:id:in5wjs6:20200807235909j:image

上町(電車通り)から南エリアに入った場所にひっそりと佇む。そしてこの渋さ。

丸い窓の部分は踊り場でしょうか、円系の丸い窓がかわいい。

 

外観に色彩やデザイン、それらすべて含めてカッコいいの一言に尽きます。

 

「エイワビル」という名前の美ルです。

 

警備会社、不動産、建築設計の企業が入っている美ルですね。地域密着型の素敵企業です。

建物のデザインや構造から古くからこの場所にあるというのが分かります。

 

最後になりますが、上町を歩けばグッド美ルディングに出会いました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。


▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 

【高知市上町】くすりの安部翠香堂

上町(かみまち)

上町といえば、そう、素敵な町ですよね。

誰もが好きな場所です。

上町のこと嫌いな人なんていないんじゃないかというくらいグッドエリアです。僕もグッドタウン上町が大好きです。

上町からいわゆる“お街”へのアクセスはとても便利で立地のいいエリアです。

 

上町はディープホットスポットとしても有名ですが、創業125年を迎える安部翠香堂をご存知でしょうか。

 

くすりの安部翠香堂①

f:id:in5wjs6:20200629153008j:image「くすり」が強調された力強い看板。後ろに見える公明党の看板もいい。

 

くすりの安部翠香堂②
f:id:in5wjs6:20200629153013j:image外観入口。
入口には様々なポスターやポップが貼られていて、お店のアピールが凄まじい。
経営者なら誰しも自分の店をアピールしいたものですよね。

例えば僕も経営者だったら自分のお店はこれ以上にアピールをしたいと思っています。

 

くすりの安部翠香堂③

f:id:in5wjs6:20200629153019j:image注目していただきたいのはこちら。

店主さんが描かれたのであろうイラスト。実に凄まじいタッチです。

これは生まれつき、ナチュラルボーンの才能に恵まれているとしか思えない画伯っぷり。
僕もこの才能が欲しいものです。

この凄まじいタッチはもはやナチュラルボーンキラーズですね。



くすりの安部翠香堂④
f:id:in5wjs6:20200629153003j:image

 

くすりの安部翠香堂⑤
f:id:in5wjs6:20200629152958j:image
イラストがたくさんありますがどのイラストもとてつもなく好きです。
みんな好きです。「冷え」が落ちているのも好きです。

上町を歩けば凄まじい画伯の描いた凄まじいイラストに出会いました。

体の不調やトラブルで何かお困りがあればぜひ、安部翠香堂へ。

店主さんも素敵な感じのいいマダムでした。


最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新します。



▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 





【高知市朝倉本町】キャッチコピーは「コーヒー&コピー」

【コーヒーショップヤング】


“ヤング”という響きが好きです。

 

いや、正確には年を重ねていくうちに好きになりました。

私はもうヤングではありませんが、私もヤングだった時がありました。

いつの時代もヤングは「ヤング」という言葉が嫌いなものです。ヤングを謳歌してる最中はヤングにはピンとこない。

ヤングは無条件で素晴らしい。

ヤングはヤングというだけで生きているだけで素晴らしいのです。

 

私ももう少し若ければこの物件の良さには気が付かなかったかもしれません。

 

その名前は「YOUNG」

YOUNG①
f:id:in5wjs6:20200617014024j:image

黒をバックに白、オレンジ、緑、UCCとカラフルな配色の看板。
材質はおそらく、アクリルかと思われます。

 

YOUNG②
f:id:in5wjs6:20200617014021j:image
入り口上部にはまた違うパターンの看板。
洗練されたデザインがクールですね!

 

 YOUNG③
f:id:in5wjs6:20200617014017j:image外観。入り口。

「コピー&コーヒー」は喫茶バブルの当時にムーブメント起こした喫茶店特有のまさにコピーです。

 

ここは学生街、ちょうど高知大学の真裏あたりに位置するエリア。

当時のナウなヤングたちはこの喫茶で過ごしていたのだろうか。

賑わっていたに違いありません。

 

今が1番若くてヤングだ。

 

「あの頃のぼくより今のほうが若いさ」

最後まで読んでくださりありがとうございました。

また更新します。



▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 

Copyright ©高知路上観察ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー