【高知市旭町】イオン旭町店の駐車場にて廃コンテナ

コンテナにはペリカンのロゴ。時間の経過による劣化、サビの感じ。

そして日本通運の文字。

 

そうコンテナは青空に映えるのだ。

 

廃コンテナはここにずっと存在しているか。駐車場にてコンテナに出会う。

 

【コンテナその①】

f:id:in5wjs6:20200512123816j:imageある日、イオン旭町の百均のセリアに買い物をしに行った。何を買いに行ったか忘れてしまったけど。少し肌寒いが気温は高く、春先の心地良く、風通しのいい日和だったと記憶している。


イオン旭町の建物は年季が入っていて、そのせいで全体的に不穏な雰囲気が漂っている。
この建物が僕は好きだ。廃墟になったあと、サバゲーのステージとして使ったら最高だろうなと妄想する。

 

ショッピングモールとはそういう場所だ。おそってくるゾンビたちから逃げ、戦い、サバイブする場所だ。中でも、ロックンローラーやパンクスはすぐやられてゾンビになるか、最後まで生き残り戦うか。

でも大体すぐゾンビになる。なんの伏線もなく。場を乱すお調子者だったりするし。

 

話が逸れてしまった。

 

そう。セリアでの買い物の話だ。

何を買ったかはちょっと思い出せないが、店内で薄く流れている有線をShazamしたことは覚えている。

 

僕はセリアにきたら必ずShazamをする。店内で流れている曲はどの曲もかっこいい。

2010年代のインディー系ロックが流れている。

 

セリアにお買い物に来られた際はぜひShazamしてみてください。

 

 

【コンテナその②】

f:id:in5wjs6:20200512123827j:imageいろんな角度から。

二つ並んだコンテナ。こちらもグッド。

 

【コンテナその③】

f:id:in5wjs6:20200512130556j:image気温も天気も良く絶好の廃コンテナ日和だ。

かっこいいの一言に尽きる。

奥に見えるタワーのパーキングもいい。

 

 

【コンテナその③】

f:id:in5wjs6:20200512123819j:image少し遠くから。

奥にゲームセンターえの木が見える。電車通りを挟んで南側には、大きなマンションがあり人々の営みを見守る。

 

えの木も風情があっていいのですがまた次回アップします。

インスタには以前アップしています。

 

 

電車通りに面したイオン旭町は長い歴史がある。


僕が子供の頃(4、5歳)はニチイ。その後サティになり、イオンへと歴史を経ていった。

余談だが、僕は子供の頃ニチイで迷子になったことがある。ニチイと聞けば迷子になった自分が思い出される。迷子になるのはその頃からだ。大人になった今でもまだ迷子になっている。

 

幼少の頃から知っている場所ですが、改めて歩となかなか味わい深い。

駐車場の雰囲気もどこか暗く退廃的だ。その歴史を内包しているムード感や建物全体を覆っている空気感。劣化具合がそう感じさせるのか、この感じが好きだ。

イオン名前を変え建物の形を変えながら町の歴史をずっと見てきた。

 

ずっとここに佇んでいるのだ。

そう例のコンテナもそうだ。ずっとここに存在している。

 

町を歩けば廃コンテナ。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

また更新いたします。

 

 

 

↓高知路上観察学会Twitterはこちらです。よろしければぜひご覧ください。

twitter.com

 

Copyright ©高知路上観察ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー