【高知市上町】上町を歩く編 その⑤ 謎遊具

【公園には遊具がある】

遊具とは遊ぶ目的のためその場所に設置されたものだ。
設置されてだいたい10数年は軽く経過していると思われる。

サビ具合や劣化具合から公園観察家の目線を持っていれば、だいたいの年月が判断できる。

どんな公園の敷地内にも遊具は点々と、いくつか設置されている。公園とはそんな場所だ。
また辞書「公園」と引けば、「グッドシュール遊具が設置されている哀愁満載の場所」だよと教えてくれる

遊具ひとつひとつにフォーカスしていくと、何をコンセプトにしたものなのか目的がブレてくる。遊具にはそんなシュールさや哀愁、また可笑しみがある。



◾️謎遊具①

f:id:in5wjs6:20200531010023j:imageコンセプトはなんなのか。

 

◾️謎遊具②
f:id:in5wjs6:20200531010035j:imageコンセプトは一体なんのか。

 

◾️謎遊具③
f:id:in5wjs6:20200531010042j:image
コンセプトは一体。

 

掲示板枠
f:id:in5wjs6:20200531010030j:image最後は謎枠。傘がかけられている。
枠の向こうにはこの街に住む人々の生活や営みが見える。

この世界に遊具はおそらく星の数ほどありますが、同じ形をした遊具は世界に一つとしてありません。

世界にひとつだけの遊具、ひとつひとつ違うメーカーを持つ。その遊具を咲かせることだけに一生懸命になればいい。

 


街を歩けばグッド公園グッド遊具。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。



▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 




Copyright ©高知路上観察ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー