【高知市上町】上町を歩く編 その⑥ 無用門

【無用門】

高知路上観察学会は高知に存在しているであろうトマソンを見つけるために4年前に立ち上げた。しかし、街や遠く僻地に赴いてもなかなか見つからず。トマソンは「見つけようとして見つけるものではない」と気づき路上観察の視点、観点、概念を広げ、物件や看板、フォントなどを収集するようにシフトした。

この活動はある種、仏教の道にリンクするものがある。
目に見ているものが全てではない。

見えているものをありのまま受け入れる。

清らかな心で歩くディープタウン上町にてトマソン発見。

無用門①f:id:in5wjs6:20200602112614j:image清らかに晴れ渡っている。空には雲ひとつない快晴。
上部に設置された錆びた鉄のアーチの中央には、私たち庶民の味方であるサンプラザが。

シンメトリーの非常に美しい構図だ。
まさに一富士二鷹サンプラザである。

無用門②
f:id:in5wjs6:20200602112622j:image少し角度を変えて。
非常にカッコいい佇まいだ。

無用門③f:id:in5wjs6:20200602112618j:image
門、入り口の両サイドの柱には表札のようなものが。
文字が書かれているが撮影の関係で白く飛んで読めないが、ここはかつての刈谷皮フ科だったようだ。実際この敷地内には刈谷皮フ科があり今も営業している。

ディープタウン上町を歩く。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。



▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 

 ▼高知路上観察学会instagramはこちらです。

www.instagram.com

 






Copyright ©高知路上観察ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー