【いの町】いの町を歩く その⑤ 理容デイ『いの町編』 ※2020年9月撮影

スポンサーリンク

(※2020年9月撮影)

 

目次

 

ヘアーサロン 理容デイ

 デイ。デイとはなんて良い響きでしょうか。Day...

ちなみ濁点を取ると「テイ」になります。

 

すみません、本文とはまったく関係ないのですが、「テイ」は漢字で「手結(てい)」

香南市の美しい港町の名前でもある「手結」

 

↓手結といえば可動橋。

f:id:in5wjs6:20210131084336j:image

ネットで拾ってきたものなので画像が粗いですが可動橋です。上がっていますね。

やはり橋は上げてなんぼの世界。かっこいいです!

 

☆高知のちょっとした情報を挟みつつ文字数を稼いでいます。ありがとうございます。

 

あとデイといえば、デイサービスのデイが思い浮びます。

 

介護施設「デイ」

グループホーム「デイ」

あとサニーデイ・サービスとか。

 

あと思い浮かぶのは、スマパン(Smashing Pumpkins)の『Today』

などなど、いろいろな「デイ」が思い浮かびますね。このブログを読んでくださっているみなさまされぞれの「デイ」があると思います。

ぜひそれぞれの「デイ」を思い浮かべてみてください。

 

 

デイ

◾️理容デイ①

f:id:in5wjs6:20210129222750j:image渋い物件です。

通りから南へ入ればこの存在感。
これはもう撮らざるを得ないでしょう。

 かっこいいの一言に尽きます。


一軒家自宅兼理容室といった感じでしょうか。

 

 

ゲシュタルトが崩れ始める...

◾️理容デイ②


f:id:in5wjs6:20210129222756j:image少し近付いて撮影。

発色のいい青色の装テン(装飾テント)に白い文字で「ヘアーサロン 理容デイ」と書かれています。カーブを描いた装テン。変わった形をしています。フォントもグッドですね。


古き良きフォント、それに加えて筆者の独特なクセが強調されています。

 

「デイ」の文字をじーっと見ているとゲシュタルトが崩れていく錯覚に陥るような、筆者のクセフォントに翻弄されてしまいます。自分が勝手に作っていた「デイ」の価値観がぶっ壊される瞬間です。「デ」が記号のように見え始めたら、「イ」も記号もしくは、絵のように見えてきます。 「イ」にいたってはイスを真横から見たような、、あるいはショーの最中のアシカにも見えてきます。

 

そう。「デイ」が絵に見えてきたらあなたの勝利です。

 

フォント職人さんによっていい意味で壊してくれた価値観。そんなフォントに出会えることが何より路上観察家、いや路上観察狂いとして最高じゃないですか。

 

素晴らしいセンスです!

窓のデザインも素晴らしい。

 

 

 路上園芸

◾️理容デイ③
f:id:in5wjs6:20210129222801j:image少し引きで。

すみません例のようにちょっとピントがずれていますが、室外機左手に見える路上園芸もグッドです。

装テンもそうなのですが、やはり目を引くのはこの物件のデザイン。

窓の形が独特ですね。いつ頃立てられたのでしょうか。まさにレトロ。

 


◾️リスリーシステイン

f:id:in5wjs6:20210203224352j:image

 

 

まとめ

いの町を歩けば「デイ」に出会いました。

やはり良物件が多数残っているいの町。大変素晴らしいですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。

 

次回もいの町!



SNS

▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。

twitter.com

 
▼高知路上観察学会Instagramはこちらです

https://www.instagram.com/rojokansatu/ 

 

Copyright ©高知路上観察ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー