【高知市】愛宕町(あたごまち)を歩く 愛宕町編その⑤ ※2021年7月撮影

スポンサーリンク

(※2021年7月撮影)

目次

 

愛宕町を歩くその⑤

(※マスク着用のもとコロナ対策をして撮影しています)

前回の続きです。前回はグッドショップ「フラワースポット 伊吹」「アート高知」あたりで終わりました。第5回目の今回はここから少し北に進み、西に渡り商店街を南へ折り返します。愛宕町編その⑤スタートです。

こちらも合わせてどうぞ☆

愛宕町編その①】

www.rojokansatu.site

 

愛宕町編その②】

www.rojokansatu.site

 

愛宕町編その③】

www.rojokansatu.site

 

愛宕町編その④】

www.rojokansatu.site

 

北上しつつ東へ、西へ

一同は商店街を北へ。グッド物件、グッドキャラを収集しつつ東へ西へ歩く。

 

愛宕町商店街北エリア

◾️フラワースポット 伊吹

f:id:in5wjs6:20210906220853j:image

グッドスポット伊吹の外観を撮影しつつ東に入る。

 

アート高知

◾️アート高知

f:id:in5wjs6:20210906220859j:image

ここは看板屋さんですね。高知路上観察学会の看板を作るときはここに頼もうと思います。

 

モチオカ食肉

◾️モチオカ食肉①

f:id:in5wjs6:20210906220843j:image

先ほどのアート高知から再び商店街に戻り北へ歩く。グッド物件が立ち並ぶ商店街の一角にまたまたグッドショップ。その名も「モチオカ食肉」。和牛専門店、お肉屋さんですね。お店の看板(屋号)を見てすごい!と唸りました。何がすごいって何と言っても使われている「フォント」ですよね。「モチオカ食肉」の文字すべてが変則的です。ギターで例えると変則チューニングですね。まさにオルタナティヴロック界のレジェンド、Sonic Youth的変則チューニングならぬ、変則フォントです。「チ」は牛の尻尾のようなデザインです。「食肉」に至ってはもはや「食肉」とは読めません。「食」は一瞬、「罠」のようにも見えます。「モチオカ罠肉」です。

 

◾️モチオカ食肉②

f:id:in5wjs6:20210906220856j:image

解読に時間がかかる変則的フォント「モチオカ食肉」の文字の左端には「アイライクフレッシュミート」のかわいい牛のキャラクターが。「私のお肉屋さん」とかわいい牛子さんが言っています。これから調理される側の牛子さんはどんな気持ちで「私のお肉屋さん」と言っているのか...

 

求人誌、不動産情報誌

◾️求人誌

f:id:in5wjs6:20210906220846j:image

倒れていますがそのままです。誰にも片付けられるず、誰にも見向きもされず、野に咲く花のように、雑草のように力強く、美しく、、放置されている様が哀愁があって私はすごく好きな作品です。アートや芸術のことは全く詳しくないし疎いのですが、これはまさにアートですね。

 

さらに北へいき東へ

◾️トタンの美しい物件

f:id:in5wjs6:20210907225151j:image

先ほどの求人誌を撮影しつつ東に入る。細道を直進すると見事なまでのトタンの物件に遭遇。見事です。築年数はどのくらい経過しているのでしょう。素晴らしい物件です。かっこいい。

 

MORE

◾️コポ MORE

f:id:in5wjs6:20210906220850j:image

先ほどの物件の敷地内を北に通り抜け、西に進むとMOREに出会う。MOREからさらに数メートル西に進むと愛宕町商店街の中でも随一のお花屋さん「ポピーフローリスト」がある。

 

小松たばこ店

◾️吉良富彦①

f:id:in5wjs6:20210906220902j:image

愛宕町商店街随一のお花屋さん「ポピーフローリスト」から数メートル北へ。角に位置する小松たばこ店の外壁。「Marlboro」「Cabin」「Mevius」などたばこの銘柄がが書かれた看板の中に混ざって日本共産党「吉良富彦」と書かれた看板。

 

◾️吉良富彦①

f:id:in5wjs6:20210906220848j:image

日本共産党」の文字の下に本来であれば顔写真があるのですが、顔が剥がれまくって前衛的アートのようなクールな仕上がりになっています。辛うじて鼻と口だけが残っていて、笑っている感じが妙に不気味ですね。CDやレコードのジャケットとしても使えそうです。

 

西へ渡る

◾️商店街を西へ 愛宕町商店街振興組合事務所①

f:id:in5wjs6:20210906221113p:image

先ほどのたばこ屋から西へ渡り今度は南へ折り返して歩いて行きます。今回もGoogle様からGoogleマップのスクショをさせていただきました。Google様いつもありがとうございます。で愛宕商店街西へのショットです。「愛ある暮らしのお手伝い」←キャッチコピーですね。

 

 

 

◾️愛宕町商店街振興組合事務所②

f:id:in5wjs6:20210906221111j:image

愛宕商店街のマスコットキャラクターですかね。犬でしょうか、少々様子がおかしい。買い物をして家に帰っています。首輪をしているので飼い犬ですね。名前は「アタゴくん」

 

◾️ビューティーサロンこまつ

f:id:in5wjs6:20210907235516j:image

振興組合事務所のすぐ隣にあるこまつ。「Beauty Salon」と書いています。「こまつ」このフォントもかなり独特ですね。「ま」が赤いですが、まず「こまつ」と読めない。なんらかの記号、もしくは絵に見えます。赤い「ま」は発音、アクセントを意味しているのでしょうか...。さらに深掘りする必要がありますね。

今回はこのあたりで終わります。最後まで読んでくだありありがとうございました。

 

 

まとめ

愛宕町編その⑤を最後まで読んでくださりありがとうございました。

北に歩いて東へ西へ行きました。折り返して次回からは商店街を南へ歩いて行きます。

愛宕町編次回もぞうぞよろしくお願いいたします。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
また更新いたします。

 

 

SNS


【高知路上観察学会SNS

 

◾️Twitter

▼高知路上観察学会Twitterはこちらです。フォローよろしくお願いいたします。

twitter.com

 

▼U氏のTwitterはこちらです。フォローよろしくお願いいたします。

twitter.com

 

◾️Instagram

 ▼毎日更新している高知路上観察学会Instagramはこちらです。フォローよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/rojokansatu/ 

 

▼メンバーU氏が更新しているInstagramはこちらです。ぜひフォローよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/kochilandscape/

 

▼高知路上観察学会Facebookはこちらです。フォローよろしくお願いいたします。

www.facebook.com

 

 

YouTube

◾️YouTube

▼高知路上観察学会Youtubeはこちらです。ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします。

www.youtube.com

 

▼メンバーU氏のYoutubeチャンネルはこちらです。ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします。

www.youtube.com

Copyright ©高知路上観察ブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー